古代地球儀と天体図

スピリチュアルと物理学

 スピリチュアルと言えば“インチキ”“胡散臭い”などというイメージがついて回っていますし、実際そういう人間も多くいる世界だと思います。私自身が身を持って体験したことでも、科学的に証明できないので堂々と“これは本物です!”とは言えない状況が続いてきました。その目に見えない世界を解き明かす手がかりとして、期待されるのが量子力学という比較的新しい学問です。ノーベル賞を獲ったアメリカの学者・ファインマンでさえ「量子力学を真に理解している者は一人もいないだろう」と言ったほど、法則性に乏しい科学です。

 ハーバード大学の教授で素粒子物理学の専門家であるリサ・ランドール氏は1999年に「三次元世界は人間の目には見えない五次元世界に組み込まれている」と発表しました。私たちの住む宇宙は三次元の膜のようなものに貼りついているため五次元に入る物理的な方法はないが、その五次元世界が私たちの三次元世界に影響を与えている可能性がある」との論は、世界はシャワーカーテンのようなもので、私たちはそれについた水滴のようなものだと説明しています。私たちの宇宙と同じように、また別の膜に貼りついた三次元世界の宇宙が存在する可能性にも言及していますが、その場合地球とは異なったある条件下に閉じ込められていると考えられるそうです。

 スピリチュアルと科学を結びつける鍵としては、ホログラムの存在も期待されています。神経外科医だったカール・プリブラムは、記憶は脳の特定の場所に貯蔵されるのではなく、脳全体あるいは分散して蓄積されると考えました。外科的に脳の一部を切除しても特定の記憶を失う患者がいなかったこと、脳のかなりの部分を切除した患者の記憶が全体的にぼやけることがあっても特定の記憶を失った人がいなかったことでさらにこの理論の研究を進め、“視覚とはホログラフィ…すべての部分に全体が含まれる…のようなものである”との結論にたどり着きました。これに対して反証を得ようとした学者も含め様々な実験が行われ、記憶の場はゼロポイントフィールド…何もないように見えても量子レベルでは活発な動きがある場、量子物理学以前には切り捨てられていた場…に貯蔵されていると考える学者も出てきました。

 同時期に、物理学者のデイヴィッド・ボームは“宇宙そのものがホログラムである”との研究を行っています。私たちが見ているときには粒子だったものが、見ていないときには常に波動として存在しているという量子物理学の有名な実験がありますが、ボームはさらに“表面上は関係なく見える素粒子同士間に相互結合性がある”と気づきました。そして量子下レベルの場では、あらゆるものが特定の場所に存在しなくなるという仮説を立てます。ボームは“意識は活動的な形態を持つことが特徴であり、この意識状のものは電子の中に既に存在している”と言います。意識とは物質のより精妙な形であると考えたのです。

 プリブラムとボームの研究を重ねてみると、私たちの脳は時間と空間を超えて波動を解釈し、客観的と思われる現実を構築している“と考えられます。宇宙がホログラフィックなものであるなら、その一部である私たちは宇宙全体の「何か」を顕現していることになりますし、記憶がゼロポイントフィールドに貯蔵されているとすれば一度縁のできた相手とは会わなくなっても量子レベル、無意識レベルでは相互に影響しあっていることになります。

 残念ながらスピリチュアルが科学的に解明されるまでには、もしくは科学的に完膚なきまでに否定されるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、次に量子力学で説明できるかもしれないスピリチュアルな事柄を見ていきたいと思います。

≪視ようと意図すれば視える≫

 量子論では、ミクロな世界での物質は波動でもあり粒子でもあることがわかっています。素粒子を観測しようとすると、それまで波動だったはずのものが瞬時に粒子として観測されるのです。観測されていない間はどこに存在するのか、どんな状態なのかは観測することができません。人が観測することで物事の状態が決まるのです。

 ここから考えると、意図を持って視ようとすることで、それまで見えなかった事柄は視えるようになりますし、幸せな未来はいくらでも創造できるということになります。“今、ここ”で何を選ぶかによって…“今”が蓄積されることで未来と呼ばれるものになるわけです。

≪遠隔ヒーリング≫

 なぜ目の前にいない相手をヒーリングしたりリーディングしたりできるのか、不思議に思われる方も多いようです。これは量子力学以前に、オーラの研究者によっても発表されたことがある分野なのですが、ミクロな世界では量子は一度相関関係や相互作用を持つと、どれだけ離れていても瞬時に片方の情報が伝わるという“非局在性”があることで説明できそうです。ちなみに現在、この現象を利用して量子テレポーテーションが研究されているそうです。

≪ヒプノセラピー≫

 スピリチュアルにおけるヒプノセラピーとは前世を癒やすことで現在の問題を解消しようと試みるものです。インナーチャイルドセラピーなどと同じように、過去を癒やせば現在がよくなるという考え方ですね。これも“非局在性”を利用したと考えられます。一度何らかの関係を持ったものは、時空を超えて影響しあうわけですから、過去の自分(自分である以上、当然関係を持ったことがある人間です)を癒やせば、現在の自分も癒やせることになります。

関連記事一覧